揉んでも治らない肩こり腰痛には、筋膜リセット

揉んでも治らない頑固な肩こりにお悩みの方。

マッサージに行っても帰ってきたらもとに戻ってしまうのには、理由があります。

肩表面の筋肉をただ押すだけではだめ。
大切なのは、筋肉を覆う膜「筋膜」をゆるめることだったのです。

筋膜というのは、ただ座っているだけでも簡単に歪んでしまい、癒着しやすいもの。
現代人は、長時間同じ姿勢を取ることが多くなったため、さらに症状が出やすくなってしまっているとのこと。

肩甲骨や首周辺の筋膜がゆがむと肩こりに。
お尻周辺の筋膜が癒着すると腰痛に。

では、筋膜をゆるめるためにはどうしたらいいのか?

私も万年肩こり腰痛持ち、ひどいと吐き気や歩けないほどのぎっくり腰に襲われた経験があるため、どうにかしようと調べてみたところ、筋膜マッサージの第一人者、磯崎文雄さんの著書肩こり・腰痛・膝痛がたちまち消える! 筋膜リセットがとても参考になりました。

2016-04-04_2664.jpg

筋膜をゆるめるためには、ただ押すだけでなく、押しながら動かすことが必要だと書いてあります。

実際にやってみると、動かしたときにぐっとツボに入るような感覚があってとても気持ちいい。
力もさほど必要なく、終わった後には軽さを感じます。

お尻や肩甲骨周辺は、テニスボールを使ってほぐしていくのですが、これが慣れるまで痛い。
腰痛改善のためのマッサージのはずが、下半身の血行も良くなるのか、足の冷えとかだるさにも効きました。

上級者は、公式野球ボールやゴルフボールを使用するらしいのですが、まだまだ道は遠そうです。

とても簡単にできるマッサージなので、肩こり腰痛に悩む方には、とてもおすすめです。


関連記事


~Information~

Twitter始めました♪記事の更新や美容ネタつぶやいています
ご興味のある方は、フォローよろしくお願いします
Twitterアカウント@syufumiyakon


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)