来年のベスト家計簿が決定「LDKが作った家計ノート2016」

2016年の家計簿はもう買いましたか?
10月も終わりになり、書店にはたくさんの家計簿が並び始めました。

色々あって迷ってしまいますよね。

家計簿を選ぶ最大のポイントは、なんといっても続け安く簡単ということ。
徹底リサーチして選んだ来年のベスト家計簿はこちらになります。

2015-10-28_0832.jpg

LDKが作った家計ノート2016年版 (晋遊舎ムック)

節約とお得ワザ満載のテストする女性誌「LDK」が作った最強の家計簿。

数年前からある雑誌の中での毎年家計簿の辛口評価がおもしろく、ダメな家計簿はボロクソに批評するという辛口ぶり。

そんな辛口雑誌が作った家計簿だから、使いにくいという事は無いだろうという安心感がまずある。

そして、実際に中身を見てみてもかなり使いやすく、お金の管理ができるようになっています。

ポイントは、1週間見開きのダイアリー。
あえて日付を入れていないので、いつからでも始められます。
お給料日に合わせて1ヶ月をスタートできると、お金の管理がしやすいですね。

あとは、ところどころにある節約アドバイスもとてもタメになります。
書き方のポイントや、やりくりのコツもしっかり教えてくれます。

私は今まで現金とカード払いが分けて記録できる家計簿を使っていたのですが、このLDKの家計簿は、あえてカード払いも一緒に書きます。
覚えておきたい場合は、アンダーラインを引いておくとよいそうです。

なぜかというと、カードは現金と同じに考えることが節約の鉄則だからだそう。
カードだからいいか、という気持ちで使ってしまうと、いつの間にか使いすぎて翌月の支払いにびっくりすることになってしまいますからね。

私もそういうことがあったので気をつけないと。

そんな、勉強と反省ができてお金を溜めるモチベーションの上がる家計簿。
これでお金が貯まらなかったら、家計簿はもうあきらめてください。

家計簿初心者の人から、私のような毎年家計簿を付けている人でも満足できるでしょう。




関連記事


~Information~

Twitter始めました♪記事の更新や美容ネタつぶやいています
ご興味のある方は、フォローよろしくお願いします
Twitterアカウント@syufumiyakon


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)